2010.02/25 (Thu)

JAY-Z(ジェイ・ジー)、相変わらずのオバマびいきでイギリス政治にも皮肉な口出し!‏

ビヨンセの夫として、また売れっ子プロデューサーとして、そしてラッパーとしても第一線で活躍し続けているJAY-Zが、イギリスのブリット音楽祭の男性部門のベスト・インターナショナル・ソロ・アーティスト賞を受賞するためにロンドンに滞在しているようです。


ハリウッドきっての大金持ちでもあるJAY-Z


そして、どういう因果なのか、サン紙(The Sun)のインタビューでかなり政治的な発言をして注目を集めています。

大のオバマ大統領びいきとしても知られる、JAY-Zにとってイギリスの政治体制にはかなり不満があるようです。

「誰でも時々は新しい血を必要とするものさ。イギリスも国を大改革するなら血が必用なんだよ。」

「今、人々は(イギリスの事を)”ブロークン・ブリテン(Broken Britain)”なんて、呼んでいるだろ。明らかに問題があるよ。」


将来はファーストレディーか?


と苦言を呈した後で、すかさず

「国を生き返らせ、電気ショックを与える誰かが、信じられる何かが必要なんだ。つまり若者を投票へとかりたてる様なカリスマ性を持ったリーダーの存在さ。」

「BNP=イギリス国民党(British National Party)が力をつけてきている事も問題だな。間違った者が力を持つ事は危険な事だ。でも結局は、選挙がどういった人に力を与えるのかを決めるんだ。」

「俺達は、(選挙権という)力を使わなければならないんだ。傍観していたり、選挙に行かなかったりしてはいけない。それは・・とても危険な事なんだ。」


JAY-Zの親友とも言われる大統領


と、若者に選挙に行くように呼びかけたかと思うと

「今までに(ゴードン・)ブラウンやデビット・キャメロンに会った事はないよ。だけどイギリスはアメリカやオバマがどんな風にやったのか見る必要があるんだ。」

「オバマは若者に繋がっていて、彼らに信じる何かを与えたんだ。ラップにも言及し、キッズ達に自分達は受け入れられていると知らせたんだ。」

「オバマが大統領になる前、俺の周りのやつらは、みんな(政治に)幻滅していたんだ。例え誰が大統領になっても、何も起こらない、変わらないって思っていたんだ。」

止まらないオバマ大統領びいきの発言


影のドン、ミシェル夫人


「だけど、オバマはその認識を変えて、本当に人々と繋がっていったんだよ。オバマは俺たちの話しを聞き、俺たちは彼に投票したんだ。」

「イギリスにもオバマと同じように行動する事が出来るリーダーが必要だと思う。若者達を理解し、彼らのニーズや発言を聞き、対処出来るようなリーダーがね。」

JAY-Zは先の米大統領選挙の際に、有権者登録を呼びかけるために、無料のコンサートなどを開いて、若者へ”投票して政治を変える”ように呼びかけた実績もあるので、こんなシリアスな言葉が出てくるんでしょうね。


ブラピもオバマ大統領支持者


また、上のインタビューからも分かるように、JAY-Zはかなりのオバマ支持者なので、最近のオバマ大統領への批判もなんのその・・かなり盲目的に大統領を信じているようです。

「オバマはかなりの抵抗にあっていますが、彼は上手くやっていっていると思うよ。俺たちは皆、彼がどんな仕事を引き受けたか知っている。オバマはアメリカの政治の中でも最悪の時に引継ぎを受けたんだ。彼は正面から、その困難な仕事を引き受けた。それは賞賛すべき事だろう?」

「ちゃんとした良心のある誰がヘルスケア(医療保険)制度について”NO”と言える?」


常に一石を投じる姿勢は流石↑


「イギリスには誇るべき、きちんとした医療制度があるだろう?だけどアメリカでは適当な保険に入れないばかりに、亡くなっていく人達が沢山いるんだ。」

「41歳になる友達がいるんだけど、彼はつい最近、検査を受けるために初めて病院に行ったんだ。彼の人生で初めて、医療保険が(検査を保険でカバーする事を)認めたんだよ。そんな事は起こってはいけない事なんだ。」

と、まるでマイケル・ムーア監督の『シッコ』の様な事を・・。

いや、JAY-Zが言ってる事自体は正しい事なんですよ。

アメリカの医療制度は異常ですからね。(本当、行き過ぎた資本主義の見本です)

ただ、サン紙は、こういう話しを載っけたくてJAY-Zにインタビューしたのかな?と思ってしまったわけです。

ま、そんな真面目過ぎるインタビューも最後はJAY-Zらしい、ちょっとしたユーモアを交えたトークで〆ているのが救いです。


今後、JAY-Zは政治家になりそうな気がする


「音楽を作る事を愛しているよ。それは苦しい事ではないし、任務でもなければ、仕事でもないんだ。俺は音楽を作って、世界中をツアーで飛び回って、人々の前で演奏している。それは非現実的なことだろ。」

「イギリスは俺にとって第二の故郷みたいなもんだよ。俺はここで本当に人々や空間と繋がるんだ。イギリス人の正直さと皮肉が俺のドライなユーモアとは良く混ざり合うからな」
関連記事


新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ

Loading...

[ Sponsored Links ]

テーマ : 芸能ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : JAY-Z オバマ大統領

14:30  |  ビヨンセ(Beyonce)&JAY-Z  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |