--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ

Loading...

[ Sponsored Links ]
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.07/04 (Thu)

ジェシカ・ビールが動物虐待!?愛犬に電気ショックカラー使いネットで袋叩きに!

動物好きで知られるジェシカ・ビール(Jessica Biel)の意外な一面が垣間見える写真がUSウィークリーに掲載され、ネットユーザー達から袋叩きにあっているようです!

問題の写真は先週火曜日に撮られたもので、ニューヨークの街中でジェシカが2匹の愛犬を散歩させている姿をパパラッチしたものなのですが・・

一見普通に見える(むしろ微笑ましくすら感じる)この写真に何故ネットユーザー達が噛み付いたのかと言えば、2匹の犬の首には”ショック・カラー(Shock Collars)”と呼ばれるしつけ用の首輪がはめられていたから!

ジェシカ・ビール
分かり難いけど、そういう首輪が着けられてるらしい


あまり聞きなれない”ショック・カラー”という言葉。

これは命令を聞かない犬をしつけるために使用するもので、飼い主が手元のボタンを押すと首に付けられた首輪(ショック・カラー)から電気が流れて犬にビリビリッと感電する”罰”を与えるというもの。

(流す電気の強さはピリッ程度の弱いものから、ビリビリくるような強いものまで色々あるようです)


恐らくこんなの


ビリビリッとするのが嫌な犬は段々と飼い主の言う事を聞くようになってくる・・という代物なのですが、「飼い犬は家族!」と考えるのが当然で、動物の権利に人一倍うるさいアメリカでまだこんなしつけ方法が横行しているのはちょっと驚きですね。

ジェシカの飼っている犬は2匹とも大型犬(ピットブルとボクサーらしい)できちんとしつけをしないと周囲の人に危険を及ぼす可能性がある事を考慮しても、電気ショックでのしつけ(体罰)には多くの人が怒りを感じたようです。

ジェシカ・ビール
でも仲良しなのですよ


またネットユーザーの怒りを煽ったのが、ジェシカが故郷コロラド州でThe Wild Animal Sanctuaryという自然動物保護の活動の広告塔の様な存在になっていること。

「自分が動物虐待してるくせに、自然動物の保護を呼びかけるなんて、ちゃんちゃらおかしいわ!」って事ですね。

写真が掲載されたサイトのコメント欄は、ネットユーザー達からの批判で埋め尽くされ半炎上状態に。

「これは犬への虐待だ!ジェシカはさっさとNFL辞めろ!自分の首にショック・カラーを着けてみれば良いのに!」


ご愁傷様


「本物の飼い主ならショック・カラーなんて使わなくても、自分の犬をしつけ出来るはず。簡単な方法に流れるな、恥を知れジェシカ!」

「ジェシカとジャスティンは2つの理由から子供を作るべきではない。1つ目の理由は、彼らは子供にも暴力を使って”しつけ”をするから、2つ目は子供達の周りでピットブルが走り回ってるなんて危なすぎる!」

ジェシカを擁護するコメントも一部あるものの、9割の人がショック・カラーを使った犬のしつけに怒りを感じているようです。

新米個人の考えとしては、電気ショックでしつけをする事にはやっぱり抵抗がありますが、ジェシカも実際に電気を流すつもりはなく予防策でカーラーを着けているだけなんだろうから「そんなに皆で叩かなくても・・」という気はしています。

今回の件はアレとしても、これまでのジェシカとワンコ達との交流を見れば彼女が犬達を愛して事も、犬がジェシカを信頼している事も一目瞭然なんですから・・。

ジェシカ・ビール
こんなのとか・・


ジェシカ・ビール
こんなのとかね

関連記事


新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ

Loading...

[ Sponsored Links ]

テーマ : 芸能ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : ジェシカ・ビール ジャスティン・ティンバーレイク

08:00  |  ジャスティン・ティンバーレイク&ジェシカ・ビール  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。