--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ

Loading...

[ Sponsored Links ]
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.05/29 (Wed)

チャーリー・シーンが改名!?『マチェーテ・キルズ』にはカルロス・エステベスで出演!

ショービズ界の第一線で30年以上も活躍してきたチャーリー・シーン(Charlie Sheen)が次回作『マチェーテ・キルズ(Machete Kills)』に本名のカルロス・エステベス(Carlos Estevez)の名前で出演する事になったとUSウィークリーが報じています!

このゴシップを読んで新米がビックリしたのは「え!?チャーリー・シーンって本名じゃなかったの!?」ってこと!


続編が出るとは


速効でWikipediaをチェックしてみたら、チャーリーの本名がカルロス・エステベスである事がバッチリ書かれていたので知ってる人にとっては当たり前の事なんでしょうが、ラテン系の人っていう印象が全然無かったので何だか凄く意外な感じ!!

実際にチャーリー自身にもラテン民族の血を引いている自覚があまりないようで、昨年Univisionとのインタビューで、自らのルーツについてこんな風に答えていました。

(※チャーリーの祖父はスペイン人らしいのでラティーノと言って良いのかは分かりませんが、そこはニュアンスで感じで下さい)

「自分がラティーノである自覚があまりないんだ。俺はアメリカに住んでいる白人だよ。だってニューヨークで生まれてマリブで育ったんだぜ。」

チャーリー・シーン
あんまラテンの匂いがしないよねぇ


「もっとスペイン語が話せたら良かったのになぁ、と思う事はあるよ。恐らくスペイン語を学ぶ事も出来るだろう。でもとにかく最近は時間が無かったからなぁ。」

「スペイン語は俺にとって人生の一部じゃなかったんだよ。両親は家庭にそれを押し付けたりしなかったし。」

ちなみに本名のカルロスから現在の名前であるチャーリーに呼び名が変わったのは、チャーリーが4歳の時だったそうなのですが、その理由は伯父さんと同じ名前だった為に家族が混同してしまったからなのだそう。


カルロスって感じ?


「カルロスと呼ばれると俺も伯父さんも返事をしていたんだ。だから俺が名前を変えたのさ。」

チャーリーが今後も永久的に本名で俳優活動を行うのか、スペイン系である『マチェーテ・キルズ』の監督ロバート・ロドリゲス(Robert Rodrigeuz)に敬意を表してこの作品だけ本名で出演する事にしたのかは分かりませんが、個人的には”お騒がせセレブ”とは違うチャーリーの一面が垣間見れたので中々面白いゴシップでした。

って言うか、リンジー・ローハン(Lindsay Lohan)絡み以外でチャーリーの事取り上げたの初めてだわ。

この人も色々と面白ネタ満載なんだけど、残念ながら(昔はともかく)今の日本での知名度が低いのがねぇ。
関連記事


新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ

Loading...

[ Sponsored Links ]

テーマ : 芸能ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : チャーリー・シーン

08:00  |  あのセレブは今!?(元祖『ビバヒル』etc)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。