--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ

Loading...

[ Sponsored Links ]
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.04/22 (Mon)

アン・ハサウェイは薄情者!?イメージアップの為に老犬を捨てて可愛い子犬をご所望?

今年2月のアカデミー賞で助演女優賞を獲得し悲願だった”オスカー女優”となったアン・ハサウェイ(Anne Hathaway)。

しかし黄金に輝くオスカー像と引き換えに、アンは女優という人気商売で一番大切な物を失ってしまったようです。

『プラダを着た悪魔』で太っちょのダサ子を演じていた頃は、世界中から愛されていたいたアンですが、オスカー狙いで『レ・ミゼラブル』のファンティーヌの役作りに没頭し激ヤセし始めた頃から世間の好感度が急落。


この頃は可愛かった


ついには”悪魔の化身”としてアメリカ国民に忌み嫌われているオサマ・ビン・ラディン以上の嫌われ者として認定される始末!

数年前に一緒にアカデミー賞の司会を務めたジェームズ・フランコにまで「嫌われるのも分かる気がする」とか言われちゃうし、最近のアンはとにかく本当に踏んだり蹴ったりなのです。

アン・ハサウェイ嫌いを公言する人々はメディアから”ハサ・ヘイターズHathahaters)”と呼ばれたりしているのですが、タブロイド紙の中でもSTAR誌は完全にハサ・ヘイターズ路線の様で、アンをバッシングする記事を意気揚々と掲載し続けています。

と言うわけで、本日紹介するSTAR誌のレポートはアンへの偏見に満ちたものになっていますが、まぁ・・話しは半分に聞いておいた方が良いでしょうね、雑誌としても読者のニーズに応えるべく話しを盛ってきてると思うので。

アン・ハサウェイ
愛犬とお散歩するアン


ちなみに、この写真は昨年11月にパパラッチされたアンと愛犬エスメラルダちゃんのお散歩風景です。

この頃、アンは良くエスメラルダちゃんを連れて散歩している姿が目撃されたり、パパラッチされたりしていたらしいのですが、実はそれも助演女優賞を取るための”オスカー・キャンペーン”だったとのこと。

「こんな年老いた可哀想な犬に優しくしてあげてる私って素敵でしょう?オスカーに相応しい女性じゃない?」と言う下心があっての言動だったとSTAR誌は主張しています。

(余談ですが、同時期には同じ理由で家族孝行をするベン・アフレックの姿もちょいちょい見られたのだそう、みんな考える事は一緒なんですねぇww)


色んな意味で問題作


”アン・ヘイターズ”に受ける為の記事なので、盛ってる部分は少なからずあるとは思いますが、少なくともアカデミー賞の授賞式が終わってからはアンとエスメラルダちゃんのお散歩は姿が全く見かけられなくなってしまったのは事実の様です。

さらに酷い事にアンは”ヒップ”じゃないという理由で、年老いたエスメラルダちゃんを捨て、ルックスの良い子犬を飼いたいと友人に語っているのだそう。

「アンは本気で”スタイリッシュで若い子犬”を欲しがっているんです。彼女はエスメラルダの様な”死にかけ”の犬とは一緒に居れないとも言いました。」

アン・ハサウェイ
このアディダス風のジャージはどうなの?


「オスカーを獲得した今、エスメラルダは彼女にとって魅力的な犬ではなくなってしまったんです。」

「彼女の友人達はアンの恐ろしい強迫観念が全てを覆い尽くしてしまう事を心配し、心から悲しんでいます。それは彼女の人間性でさえも奪ってしまうでしょう。」

うわ~、このレポートが真実だったらアンはもはや人の皮を被った悪魔ですよね、半分ヤラセ記事だと分かっていてもムカついちゃいます!!

可哀想なエスメラルダちゃんの為にも、STAR誌の記事が捏造である事を願うばかりです。
関連記事


新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ

Loading...

[ Sponsored Links ]

テーマ : 芸能ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : アン・ハサウェイ 『レ・ミゼラブル』 ハサ・ヘイターズ

08:00  |  アン・ハサウェイ  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。