--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ

Loading...

[ Sponsored Links ]
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.02/25 (Mon)

テイラー・スウィフト、元彼達に「私についての歌を書いても良いのよ」と失恋ソング作成を公式許可!?

実体験を元にしてラブソングを作っている事を公言しているテイラー・スウィフト(Taylor Swift)は、ある意味とても公平な人物であるようです。

どの歌が誰をイメージして作ったかまでは明言しないまでも、明らかに「あっ、これはあの人との有名なエピソードだな!」と分かる様な失恋ソングを作りヒットさせてきたテイラーたん。


恋愛は芸の肥やし


これまでにもジョン・メイヤー(John Mayer)やジョー・ジョナス(Joe Jonas)、テイラー・ロートナー(Taylor Lautner)といった元彼達がその犠牲になっている訳ですが・・

英版In Style誌の4月号で23歳のシンガー・ソングライターが語った所によると、元恋人との恋愛エピソードを元に歌を作るのは何もテイラーたんの専売特許だとは思っていないとのこと!

テイラー・スウィフト
「やれるもんならやってみなさい!」


「私だって元彼達の歌を書いているんだから、彼らにだって私の事についての歌を作る権利はあるわ。世の中の仕組みってそういうものでしょ?だから歌にされたからって文句を言うつもりはないわ。」

「わたしは”ちょっと!私だけがあの恋愛についての歌を作る権利を持っているのよ!”なんて言うつもりはさらさら無いわ。それがフェアなゲームってものでしょ?」

と、したり顔で語るテイラーたんですが、男性が元カノについて「あの女はワガママで」とか「あんなお子ちゃまとは無理だぜ」とか言う歌を作ったら世間から厳しくバッシングされるので現実的にはそんな歌を作る事が出来ないと分かっているから余裕で言えるんでしょうなぁ。


俳優なので反撃不能


ちなみにウワサではテイラーたんは今年のお正月に破局したばかりのハリー・スタイルズ(Harry Styles)との恋愛を歌った曲を既に作り初めているらしいですよ!

ハリーと別れた直後の1月10日にテイラーたんはTwitterで

「スタジオに戻ったわ。あー、あー(マイクのテスト中の声と思われる)。」

とつぶやいていたのですが、この時にハリーとの事を歌った失恋ソングを収録したのではないかと言われているようです(仕事はやっ!)。

テイラー・スウィフト&ハリー・スタイルズ
美しい薔薇にはやはり刺があるようです


テイラーたんが失恋ソングを作る時はだいたい相手に酷い振られ方をした時が多い(ジョーに電話で別れ話をされ捨てられた時のエピソードは有名)のですが、ハリーとも円満に別れた訳ではない様なのでネタにされる可能性は高そうです。

「ハリーは言うべきではない事を言ってしまったんです。」

何を言ったのか知りませんが、テイラーたんが”そういう女の子”だと知った上で不適切な発言をしてしまったんですから、失恋ソングの中でその暴言の内容が明かされてアイドル生命を絶たれる事になったとしてもハリーは自業自得という事で諦めるしかないでしょう。


口は災いの元


余談ですが、3年前のUSウィークリーとの取材中に「元彼との破局の裏話しを歌にする事について罪悪感はないのか?」と問われた時に

「私に悪口の歌を書かれたくないなら、彼らが悪い事をしなければ良いだけという持論を持っているの。彼らはそうすべきではないでしょ?」

と答えていたので、今後もテイラーたんと付き合う男性は自分の言動に気をつけた方が良さそうです!
関連記事


新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ

Loading...

[ Sponsored Links ]

テーマ : 芸能ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : テイラー・スウィフト ハリー・スタイル ジョー・ジョナス ジェイク・ギレンホール テイラー・ロートナー

13:00  |  テイラー・スウィフト  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。