--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ

Loading...

[ Sponsored Links ]
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.02/12 (Tue)

2013年グラミー賞でリアーナとクリス・ブラウンが公式にイチャイチャ!勝者リスト&面白ゴシップも!

米音楽界最大のイベントであるグラミー賞の授賞式が先週日曜日にLAのステイプルズ・センターで行われました!

一昨年はレディ・ガガ(LADY GAGA)が、そして去年はアデルが殆どの賞を総ナメにしましたが、今年は特定のアーティストが賞を独占するという事態にはならず、様々なミュージシャンに各アワードが授与される結果となりました。

テイラー・スウィフト(Taylor Swift)、アデル(Adele)、リアーナ(Rihanna)、ジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)等豪華スターによるパフォーマンスの間に発表された今年のグラミー賞の勝者は以下の通り。

アデル
この服どうなの?


*ベスト・ポップ・ソロ・パフォーマンス(Best Pop Solo Performance)賞
『Set Fire to the Rain ( Live ) 』/ アデル

*ベスト・カントリー・ソロ・パフォーマンス(Best Country Solo Performance)賞
『Blown Away』/ キャリー・アンダーウッド(Carrie Underwood)

*ソング・オブ・ザ・イヤー(Song of the Year)賞
『We Are Young』 / fun . featuring Janelle Monáe


fun.のファンですw


*ベスト・アーバン・コンテンポラリー・アルバム(Best Urban Contemporary Album)賞
『Channel Orange』/ フランク・オーシャン(Frank Ocean)

*ベスト・ロック・パフォーマンス(Best Rock Performance)賞
『Lonely Boy 』/ The Black Keys

*ベスト・ポップ・ヴォーカル・アルバム(Best Pop Vocal Album)賞
『Stronger』/ ケリー・クラークソン(Kelly Clarkson)


この曲も好き


*ベスト・ラップ/ソング・コラボレーション(Best Rap/Sung Collaboration)賞
『No Church in the Wild』/ Kanye West and Jay - Z featuring Frank Ocean and The-Dream

*ベスト・カントリー・アルバム(Best Country Album)
『Uncaged』/ ザック・ブラウン・バンド(Zac Brown Band)

ケイティ・ペリー
なんか巨乳になってないか?


*最優秀新人賞(Best New Artist)
ファン(Fun)

*最優秀レコード賞(Record of the Year)
『Somebody That I Used to Know 』/ Gotye featuring Kimbra

*最優秀アルバム賞(Album of the Year)
『Babel』/ Mumford & Sons

う~ん、受賞者がバラけたせいなんでしょうか今年は勝者リストを見てもイマイチしっくりこないというか・・何と言うかあんまり盛り上がりませんなぁ、最優秀アルバム賞を取ったMumford & Sonsなんて「誰ソレ?」って感じですもん(実際、今書いてて初めて知ったし!)。

ガガたんやアデルが独占した年は「それってどうなの?」って思ったけど、少なくとも今よりは興奮しながら記事を書いてた気がするのになぁ。


ガガたんどこいった?


そんな感じでグラミー賞の結果そのものはそんなに面白くなかったので、本ブログではアワードの最中に起きていた面白ゴシップの方を取り上げたいと思います!

まずは今年のお正月にワン・ダイレクションのハリー・スタイルズ(Harry Styles)と破局してしまったテイラーたんについて。

グラミー賞のオープニング・パフォーマンスに登場したテイラーたんは、全身真っ白の衣装で『We Are Never Ever Getting Back Together』を熱唱していたのですが、USウィークリーの指摘によると、この曲にはテイラーたんからはりーへのメッセージが込められていたんだそう。

テイラー・スウィフト
これまた微妙な衣装ですなぁ


19歳の誕生日にハリーが婦人警察官のコスプレをしたストリッパーと戯れていたと報道されたので、逆切れしたテイラーたんが「あんたなんかと2度とよりを戻さないわよ!」と世界規模の電波を使って宣言したんでしょうかね?

ちなみにイギリス出身のハリーへの皮肉でシルクハットを被っていたとも他のサイトに書かれてましたが・・それはさすがに深読みし過ぎなんじゃないでしょうか・・!?

お次は、最近ついにRolling Stone誌のインタビューで事実上の復縁宣言を出したリアーナとクリス・ブラウン(Chris Brown)の2人について。

あの忌々しいDV事件が起きたのが、丁度今から4年前のグラミー賞の前日のことでした、あれから4年・・まさかまたこんな光景を目にする事があろうとは誰もが予想していなかったでしょう!

リアーナたんとクリスはレッドカーペットこそ別々に歩いたものの、会場に入ってからは隣の席に座り、周りの目を気にする事もなく終始イチャイチャしまくりだったそう!

リアーナ&クリス・ブラウン
この日のベストショット!(幸せそうだぁ)


新米的には今もクリスの人格に疑いを持っている(こないだも人を殴ってたし)ので、リアーナたんの決断を心から祝福は出来ないんですが・・寄り添って微笑む2人が心底幸せそうなので、不安ですが温かい目で見守ってあげたいと思います。

後はジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)の大胆右脚露出事件についても書きたかったですが、キーボードを打つのが疲れちゃったんでまた後日にしたいと思います・・スミマセン、疲労困憊です(涙)。
関連記事


新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ

Loading...

[ Sponsored Links ]

テーマ : 芸能ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : リアーナ クリス・ブラウン 2013年グラミー賞 テイラー・スウィフト

08:00  |  リアーナ(Rihanna)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。