--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ

Loading...

[ Sponsored Links ]
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.01/09 (Wed)

微博(ウェイボー)に降臨したブラッド・ピットに中国人民が大熱狂!!

ブラッド・ピット(Brad Pitt)と長い間、敵対関係にあった中国政府がついに和解したのではないかとネット上で話題になっています!

1997年に公開された『セブン・イヤーズ・イン・チベット(Seven Years in Tibet )』で実在の登山家ハインリッヒ・ハラー役を演じたブラピ。


まだ若いねぇ


第2次世界対戦中にインドでイギリス軍の捕虜となったハインリッヒは収容所から脱獄し、チベットのラサに潜伏するのですが、その時にまだ14歳のダライ・ラマ14世と出会い、親密な交流をもった事でこれまでの人生観が180度変わるような素晴らしい時間を過ごすのですが、やがてラサに中国人民解放軍が攻め入り、平和な日々はめちゃくちゃに破壊されてしまうという中々シビアなストーリーなのですが・・

ブラッド・ピット
中国政府はダライ・ラマを嫌ってるからねぇ


現在もチベットの独立を認めず、強制的な支配を続けている中国政府にとって『セブン・イヤーズ・イン・チベット』は正に”有害”な映画(自分達の正当性が真っ向から否定されちゃうからねぇ)であり、1997年の公開時にも中国国内での上映を禁止。

さらに監督を務めたジャン・ジャック・アノー(Jean-Jacques Annaud)や主演したブラピ、デビッド・シューリス(David Thewlis)には無期限の中国国内立ち入り禁止令が出されるほどの激昂ぶりをみせていました。

つまり1997年以降ブラピは中国には半永久的に入国を禁止されていたわけです。


フリー・チベット!


まぁ、ぶっちゃけ映画の事がなくても、積極的に同性婚をサポートする人権派のブラピと抑圧大好きな中国政府とでは”水と油”の関係というか・・反りが合わなかったでしょうから、そう積極的に訪問する事もなかったかもしれませんけどね。

しかし今週月曜日に中国版Twitterとも言われる”微博(ウェイボー)”に突然ブラピが登場!!

「これ本当!そう、(中国に)行くよ!」

と意味深なつぶやきを残したブラピ。

ブラッド・ピット ウェイボー
これがブラピの残したツイートだ!


中国と半絶縁状態にあったハリウッド・スターが突然ウェイボーに降臨した上に、自分たちの国に来てくれるかもしれないと知ったウェイボー・ユーザー達は仰天!

ブラピのツイート(Twitterじゃないのにツイートよ呼んで良いのか分かりませんが)は瞬く間に3万回以上リツイートされ、1万4千ものコメントが付いた上に10万人以上のフォロワーを1日で集めたのだそう!


結構人気あるだろ?


しかし翌日火曜日にはブラピのツイートは削除されており、”まだ投稿がありません”という定型文だけが掲載されている状態になってしまったのだとか。

ツイートを削除したのがブラピ側の計らいによるものなのか、中国政府によるものなのだかは不明だそうですが、海外セレブがウェイボーのアカウントを持つには作成時に身分証明書を提出する義務がある(なりすましを防止するため)らしいので、月曜日につぶやいた人物がブラピである事は間違いないらしいです。
関連記事


新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ

Loading...

[ Sponsored Links ]

テーマ : 芸能ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : ブラッド・ピット ウェイボー 微博

13:00  |  ブランジェリーナ(ブラピ&アンジー)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。