--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ

Loading...

[ Sponsored Links ]
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.01/08 (Tue)

ミランダ・カーとオーランド・ブルームの路上キス!不仲説払拭の為のパフォーマンスか!?

ミランダ・カー(Miranda Kerr)とオーランド・ブルーム(Orlando Bloom)が路上でキスをしているラブラブ写真がネット上で思わぬ波紋を呼んでいるようです!

昨年末、複数の芸能ニュース・サイトが一斉に報じたミランダたんとオーランドの不仲説

現在シングル街道驀進中のレオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)とミランダたんの浮気疑惑に始まり、ついにはオーランドとの別居、離婚を報じるサイトまで登場し、一体2人の仲はどうなってしまうのだろうと秘かに心配していたのですが・・

一応クリスマスにはオーランドが映画の撮影で長期滞在してた南アフリカからアメリカへ戻ってきて、ホリディは家族一緒に過ごしたみたいなので「今日、明日にも離婚か!?」なんて言う差し迫った状況は回避出来たみたいですね。


仲悪くないし(怒)


しかし1回不仲説が持ち上がると、人間というのはそのカップルの事をどうしても色眼鏡で見てしまうものなんでしょうねぇ・・

今回Daily Mailが掲載した久しぶりの2ショット写真に多くの人が「仲が悪い事を隠すための偽ラブラブ・アピールなんじゃ?」と疑いの目を向けているようなのです。

先週金曜日にLAのスパに行ったミランダたんを、車でお迎えに行ってあげた優しいオーランド。

スパからミランダたんが出てくるやいなや、速攻で運転席から降りてわざわざ車の反対側まで行き、助手席のドアまで開いてあげる紳士っぷり!

オーランド・ブルーム&ミランダ・カー
超ジェントルメーンなオーランド


そんな優しい夫に対する感謝の気持ちを表すためにミランダたんは、オーランドに軽くチュッとキスをしていて、その場面を待ち構えていたパパラッチが撮影したんですが・・

普通なら「何て素敵なカップルなの!やっぱり2人はラブラブなのね!」ってなりそうなものですが、何故かこの写真を見た相当数の人が「やっぱりこの2人は怪しい!その証拠に唇にキスしてないじゃないか!!」と思ったみたいです。

オーランド・ブルーム&ミランダ・カー
確かに唇にしてないけどさぁ


オーランド・ブルーム&ミランダ・カー
旦那の方は結構嬉しそうよ


全くもって皆さん、他人の不幸が大好きですよねぇ!

確かにミランダたんとオーランドのキス写真を良く見てみると、唇にはキスしていなくて、口の横辺りに軽くチュッってやってますね。

しかもパパラッチ嫌いで知られ、プライベートな生活をあまり公にしたがらない2人がカメラマンが待ち構えている路上でわざわざキスをするなんて・・もしや不仲説を払拭するためにラブラブな写真をわざと撮られるように仕組んでいたんでしょうか・・!?

真実は2人にしか分からない事ですが、Daily Mailのレポートによれば昨年に引き続き今年もミランダたんとオーランドが仕事の関係で長期に渡る別居生活を強いられる事になるのは必至なようです。


え~ッ!またなのぉ!


この間まで南アフリカで撮影をしていたオーランドですが、その前には『ホビット スマウグの荒らし場(The Hobbit The Desolation of Smaug)』の撮影のためニュージーランドに長期滞在していらしいのですが、どうやら今年も続編の撮影のためNZにカンヅメ状態になりそうだととのこと。

(※『ホビット』は3部構成で、昨年撮影していたのは第2作目。今年は3作目を撮影するらしいです)

ミランダたんの方もトップモデルとして世界中で引っ張りだこなので、旦那さんの撮影に同行し続ける訳にもいかないし・・恐らく今年も半分以上は別居生活になってしまうのは避けられなさそうなので、必然的に2人の不仲説や離婚説も何度となく浮上してきそうです。
関連記事


新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ

Loading...

[ Sponsored Links ]

テーマ : 芸能ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : ミランダ・カー オーランド・ブルーム

13:00  |  ミランダ・カー&オーランド・ブルーム  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。