--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ

Loading...

[ Sponsored Links ]
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.11/23 (Fri)

ベッカム「最後の挑戦したい」とLAギャラクシーを退団!移籍先の大本命はどこなのか!?

来月1日に行われるメジャーリーグ・サッカー・カップゲーム終了後に、5年間所属していた”LAギャラクシー”を辞め、新境地を模索する事を発表したデビッド・ベッカム(David Beckham)!

”貴公子”と謳われたイケメン・スター選手の今後の動向にアメリカのみならず、世界各国のメディアが注目しているようです。


俳優に転身か?


「デビッド・ベッカムがLAギャラクシーと契約を交わしたのは2007年の事でした。それ以来、彼はMLS(メジャーリーグ・サッカー)や北米でのサッカー振興に力を尽くしてくれました。その頃と現在では、我が国においても海外においても、MLSの人気や重要度に雲泥の差がある事は誰の目にも明らかです。」

との声明を出し、ベッカムとの別れを惜しむMLS理事会のドン・ガーバー(Don Garber)氏。

ベッカム
やっぱり昔よりはオッサンになったね


ベッカムがLAギャラクシーでプレイした6シーズンの間に、チームは4度プレイオフに進出、3度のリーグ・タイトルを手にするなど目覚しい進歩を遂げ、北米全体のサッカー人気も向上したのだそう。

「選手生活を終える前に、もう1度だけ最後の挑戦をしたい」

と退団する理由を述べたベッカム。

元々、サッカー後進国であるアメリカのチームに移籍したのも、ハリウッドに進出したい妻ヴィクトリアの強いプッシュがあったからだと言われていたので、ベッカムの中にはきっとずっと煮え切らない気持ちがあったんでしょうね。


かかあ天下


37歳という年齢を考えても、今を逃したら次はないと考え厳しい挑戦をする決意をしたのだと思います。

さて気になる移籍先なのですが、USウィークリーがベッカムのマネージメントを担当している人物から聞き出した情報によると「かなり本気のオファー」が現在世界各国のクラブチームから殺到しているという状況のようです。

もしかして日本のJリーグでベッカムの姿が拝めるかも、と期待したのですが、現在ベッカム側がオファーを検討しているのはフランスのパリ、中国の上海、韓国のソウル、そしてベッカムの故郷イギリスからのオファーだとのこと。

(※オーストラリアからのオファーもあったが既にそれは除外されたらしいです)

ベッカム
怒っても恰好良い


「デビッドは今、色々な事を考えている所です。ひょっとすると彼はヴィクトリアのキャリアの事を考えて、家族をアメリカに残すかもしれません。しかし家族全員で別の国に引っ越すという考えも、まだ除外していません。」

ヴィクトリアの性格から言えば、イギリスになら帰っても良いけど、中国や韓国になんて絶対行きたくないって言いそうですね・・。

新米的にも、マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリードで活躍していたベッカムが中国や韓国でプレイする姿なんて見たくないかも(何か落ちぶれたって感じで)。
関連記事


新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ

Loading...

[ Sponsored Links ]

テーマ : 芸能ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : デビッド・ベッカム ヴィクトリア・ベッカム

13:00  |  ビクトリア&デイビット・ベッカム  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。