--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ

Loading...

[ Sponsored Links ]
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.07/13 (Fri)

マイリー・サイラスの左腕の新タトゥーは故ルーズベルト大統領の名言だった!

マイリー・サイラス(Miley Cyrus)が新しく右腕に彫ったテキストタイプのタトゥーが「ギャルらしくない」「渋すぎる」とネット上で話題になっているようです!!

17歳の時に心臓の位置に”Just Breathe”と彫ったお初タトゥーが確認されてから、ほぼ半年に1回くらいのペースで新しいタトゥーをいれているマイリー。


推定10コはいれてるくさい


新米の記憶によれば、マイリーが直近でいれたタトゥーは昨年の夏頃に彫った”全ての愛は平等である(=同性婚支持)”と言う意味のタトゥーだったはず。

スターやバタフライ等グラフィカルなタトゥー(いわゆるお洒落タトゥーね)を好む他のヤングセレブ達とは一線を画し、マイリーがチョイスするタトゥーは毎回なかなか意味神な物が多いので面白いですね。

そして19歳になり、恋人リアム・ヘムスワース(Liam Hemsworth)とも婚約した”新生マイリー・サイラス”が今回選んだタトゥーがコレ!

マイリー・サイラス
左腕に注目!


マイリー・サイラス タトゥー
なにやら難しそうな文言が並んでいます・・


マイリーの左腕に何やら呪文の様に難しそうな言葉がズラズラと彫られているのが確認できます。

USウィークリーによると、この長い文章は1990年にパリの名門ソルボンヌ大学でセオドア・ルーズベルト(Theodore Roosevelt)大統領が行ったスピーチから抜粋された名言が彫ってあるのだそう!!

「勝利も敗北もしらない、冷淡で臆病な魂を持った輩を彼が築いた地位と同列に並べる事など決して出来ない(So that his place shall never be with those cold and timid souls who knew neither victory nor defeat)」

適当に意訳しましたが、だいたいこんな様な意味の事が書いてあるようです。


このオッサンが言いました


まぁ、長いスピーチの中からの一部抜粋なので、この部分だけを見てどうこう言うのもアレですが・・それにしても19歳のアイドルが彫るにはあまりにも渋い文章だと言う気がしますが・・いかがでしょう?

ちなみにルーズベルト大統領のこのスピーチは”The Main in the Arena”というタイトルで原文が検索できますので、興味がある方は探してみてください。

世の中が大混乱していた20世紀初頭にルーズベルト大統領が、これからの世を担う若者たちに向けて行ったスピーチなので、言い回しは硬いし、やや文章は古臭いですがなかなか良いスピーチだと思いますよ。

(余談ですが最近、民主党から離党した小沢一郎氏の事務所にはこのスピーチが掲げてあるらしいですよ)

しかし、今回新タトゥーが発覚するきっかけになった写真はマイリーが例のごとくピラティスの教室から出てきた所をパパラッチされたものだったんですが・・マイリーったら1ヶ月前以上にスタイルが良くなってませんか!?

マイリー・サイラス
太もも&ウェスト細い~ッ!!


特にウェストなんてメチャ細ッ!!

良くアイドルのプロフィールでウェスト52センチとか嘘書いてるのがありますが、今のマイリーは本当に50センチ台前半かもしれません。

グルテンフリー生活&ピラティスのダイエット効果には目を見張るばかり・・夏ももう間近ですし、重い腰を上げてチャレンジしてみますかねぇ。
関連記事


新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ

Loading...

[ Sponsored Links ]

テーマ : 芸能ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : マイリー・サイラス タトゥー リアム・ヘムスワース

08:00  |  マイリー・サイラス&リアム  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。