2011.09/29 (Thu)

リーアナの過剰露出なPV撮影で北アイルランド議会が大揺れ!?‏

いつもPVでは露出過多なサービス満載の恰好でセクシーな姿を拝ませてくれるリアーナ(Rihanna)ですが・・今回はそのサービス精神が裏目に出てしまったようですよ。

『S&M』(ってタイトルからして凄いけど)では、そのエロティックな描写が問題になりPVが11カ国で上映禁止になってしまうなど、ここ最近、より一層過激化してきているリアーナたんのミュージックビデオでのパフォーマンス。


過激じゃなくて芸術よ


そしてリアーナたんが新曲『We Found Love』のビデオ撮影で訪れた北アイルランドで今回問題になった事件が起きたようです!

PVの撮影のために、とあるトウモロコシ農場を農家の人から借りたリアーナたんと撮影チーム。

後にこの農場の持ち主アラン・グレアム(Alan Graham)さんが語った所によると、彼はリアーナたんがどんな人なのか、自分の農場でどんな撮影が行われるのかあんまり分かっていなかったらしいです。

ところがいざ撮影が始まってみると、(リアーナたんにとってはいつもの事ですが)リアーナは前が大胆にはだけたジーンズ地のベストにアメリカ国旗をあしらったビキニ、さらにはボトムのジーンズのボタンも開いた状態というセクシーな扮装で登場。

リアーナ we found love
農場主を激怒させたリアーナの格好がコレ↑


このハレンチな恰好を見たグレアムさんは激怒・・!

すぐさま撮影を中止し農場から出るようにリアーナとスタッフに勧告したそう。

「もし誰かが私の農地を借りたいと言ったとしても、それが似つかわしくない事態になったなら私はこう言うね。”もう沢山だ!アンタにはそうする資格がない!”ってね。」

「そして私は彼らに撮影を止めるように頼んだんだ。で、彼らはそれに応じてくれたよ。リアーナとも話しをしたよ。彼女が私(の思い)がどこから来たのか理解してくれていると良いんだけど・・。我々は握手もした。」

かなり怒っていた様子のグレアムさんでしたが、最後は握手して和解したので・・この事件はここで終わりなのかと思ったのですが・・


数段過激なPV 『S&M』


実はこの方、農場主であるだけでなく北アイルランド第一党である民主ユニオニスト党(the Democratic Unionist Party)の地方議員でもあったらしく・・

何故かこの事件が政治問題(?)にまで発展!

北アイルランド議会の席で、ある政治家(恐らく敵対する野党)がグレアムさんが所属するDUPの党首で北アイルランドの首相でもあるピーター・ロビンソン(Peter Robinson)氏に対して

「リアーナがたかだか少し破廉恥な恰好をしていただけで追い出した事が潜在的に投資家達の(北アイルランドに対する投資意欲を)阻害しているのではないか?」

という質問をするに至ったんだそう。


リアーナの香水出ました!


この質問に対してロビンソン首相がどう答えたのかはわかりませんが・・

保守的と言われる北アイルランドで過剰に肌を露出させたリアーナたんの行動が思わぬ波紋を広げてしまったようです。

ちなみに『We Found Love』のPVは首都ベルファストの近郊の秘密の場所で無事に撮影が終わったそうですよ。
関連記事


新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ

Loading...

[ Sponsored Links ]

テーマ : 芸能ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : リアーナ Rihanna

13:40  |  リアーナ(Rihanna)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |