--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ


[ Sponsored Links ]
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.01/31 (Thu)

SAG賞でも勝った旬女優ジェニファー・ローレンスの恥ずかしい瞬間2連発!!

ゴールデン・グローブ賞に続き、先週日曜日に行われたSAG賞(Screen Actors' Guild Awards)でも主演女優賞を獲得した『世界にひとつのペイバック(the Silver Linings Playbook)』のジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)。

来月末に行われるアカデミー賞でもオスカーの筆頭候補となるなど、今正に”ノリに乗っている”ジェニファーですが・・SAG賞の授賞式では楽しい事ばかりではなくちょっぴり恥ずかしいハプニングもあったようですよ。

本日はそんなジェニファーの”恥ずかしい瞬間”ネタの2連発でお送りいたします!


『世界にひとつのペイバック』


まず1つ目のハプニングは、ジェニファーの名前が主演女優賞の勝者として呼ばれ、スピーチをするためにステージに上がろうと急いで前に出ていった時に起きてしまいました!

この晴れの舞台にジェニファーはクリスチャン・ディオールのロング丈の素敵なドレスで出席していたんですが、恐らく「早くステージに上がらなきゃ!」と気が焦っていたせいなんでしょうな・・途中でスカートの裾の部分を踏んでしまったらしいのです。

運が悪い事に、裾を踏んだ衝撃でジェニファーのドレスは膝の上の切り返しの部分の辺りで横に真っ二つに裂けてしまい、ステージへの階段を登った時に普通だったら見えるはずがないジェニファーの生太ももがバッチリとTV中継に映ってしまったのです!


ジェニファーのスカートが破れちゃった瞬間はコチラで


自分のドレスのスカートが上下に分解してしまった事をジェニファーが気付いていたのかは分かりませんが、その後のスピーチは何事もなかったかの様に振舞っていたので会場にいた人達には、このハプニングは全然バレなかったでしょうね(TV見てた人にはバレちゃったけど)。

ジェニファーにとって2つ目の”恥ずかしい瞬間”は、娘が主演女優賞を獲得した事に感動した両親がTVの取材中に号泣してしまった事なのだそう!

SAG賞の楽屋でEntertainment Tonightがジェニファーと両親(ゲイリー&カレン)に突撃取材を敢行!

「(ジェニファーの事を)凄く誇りに思うよ。まるでダービーの(名馬)セクレタリアトを所有しているかの様な気分さ。」

とジョークを交えたコメントをする父親に対し、ジェニファーは右手で自分の顔を覆って「勘弁してよ~!恥ずかしいじゃない!」と言った表情で苦笑い。


若い子には辛いわな


親父ギャグをかましてくる父親も恥ずかしいですが、それ以上にジェニファーを困惑させたのは泣き上戸らしい母親カレンだったようです。

「とにかく涙が止まらないわ!何を言ってもジェニファーの事を困らせるだけだから何も言わないわ。私達はいつだってそうしているのよ。」

「(沢山の賞を受賞する)プロセスを経験しても彼女が変わらず、そのままの自分であり続けたので、私は娘の事を誇りに思うわ。私にとって賞が取れるかどうかは必ずしも重要ではないわ。でも彼女が賞を獲得してもありのままの彼女のまま、強くあり続けてくれる事が嬉しいの。」

ジェニファー・ローレンス
インタビューを受けるローレンス家の人々


と泣きながらコメントする母親に対しジェニファーは再び顔を手で覆いながら

「ママ、お願いだから泣かないで~!ああ、もうッなんて恥ずかしいの!」

とつぶやいていたんだとか。

まだ若いジェニファーにとっては暴走する両親の言動は確かに”恥ずかしい”ものだったんでしょうけど、傍から見れば娘思いの良いご両親ですよね!!

しかしまぁ、このままいくと今年の主だった賞はジェニファーが根こそぎ持っていってしまいそうですねぇ・・きっと今ごろアンジーやクリステン辺りがイライラしながら周囲に当たり散らしている事でしょうw

新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
関連記事
スポンサーサイト


[ Sponsored Links ]

テーマ : 芸能ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : ジェニファー・ローレンス

13:00  |  ジェニファー・ローレンス  |  EDIT  |  Top↑
2013.01/31 (Thu)

ビヨンセのハーフタイムショーは数百万ドルの大赤字!?主催者がカラクリを明かす

アメリカ国民大熱狂のNFLスーパーボウルの試合がいよいよ今週末(日曜日)に迫ってきました!

アメリカの人々はスター選手達の白熱した試合に夢中になるんでしょうが、我々セレブウォッチャーにとって興味があるのはフットボールのゲーム自体ではなく・・試合の合間に行われる豪華アーティストによる”ハーフタイムショー”ですよね!


期待しててネ


毎年素晴らしいアーティストがフューチャーされるこのショーですが、今年のパフォーマーはあのビヨンセ(Beyonce)たん、しかもデスチャの他のメンバー2人と合流してのステージも用意されているというのだから、楽しみじゃない訳ありません!

ショーの練習に没頭し過ぎるあまり、オバマ大統領の就任式での国歌斉唱のリハーサルが不十分になってしまい、当日は事前に録音しておいたヴォイス・トラックを使っての”口パク”斉唱になってしまったなんて不名誉なハプニングもありましたが・・それもこれもビヨンセたんが半端ない気合でハーフタイムショーを成功させるべく頑張ってるからなんですよね。

ビヨンセ
口パクの是非はありますが・・


世界的な歌姫をそこまで夢中にさせるNFLスーパーボウルのハーフタイムショー・・さぞかし高額なギャラが用意されてるんだろうと普通思いますよね?

しかしThe Mailのレポートによれば、ハーフタイムショーでのパフォーマンスでビヨンセたんはガッポリ儲けるどころか、何百万ドルもの自腹を切る大赤字状態になってしまうそうなのです!

と言うのも、スーパーボウルの主催者はビヨンセに対して個別にギャラを払うのではなく、約10分間のハーフタイムショーの全体に対して”生産コスト(production costs)”という形で60万ドル(約5500万円)を提供する契約を結んでいるらしく、足が出てしまった場合にはそのステージに立つアーティスト側が自腹を切る事になってしまう様なのです。


デスチャ、新アルバム出たよ


「あげたお金の範囲でどうにかやんな。それで足りないなら自分で払えよ」と言う訳ですね。

NFLの広報グレッグ・アイレオ(Greg Aiello)は

「我々が払うのはハーフタイムショーに対する”生産コスト”です。アーティスト個人に対するギャラというものは存在しないのです。」

と述べ、ビヨンセ対して特別なギャラの支払いなどはしていない事を明言しています。

ビヨンセ
ショーの練習をするビヨンセ(超真剣!)


5500万円は一見大金の様に見えます・・でも、ぶっちゃけそのお金だけでバックダンサーやエキストラ、ミュージシャン、ゲスト出演者、衣装代などを全て賄う事はほぼ100%不可能なわけで、ビヨンセも自分が満足するステージを作り上げるために数千万~数億円のポケットマネーを出さざる得ない状態みたいです。

(しょぼいステージにすれば5500万円でやり繰り出来るでしょうが、そんなのはビヨンセのプライドが許さないでしょう)

「ビヨンセまでお金が回る事はないでしょう。しかしバックアップ・シンガーやミュージシャン、エキストラの人々へのギャラはNFLの”生産コスト”から支払われるでしょう。しかし昨年マドンナがやったショーは我々の予算を大きく超えてしまいました。恐らく今年もそうなるでしょう。」


100万ドル位払ったわ


「つまり、これが意味する事は出演アーティストは何らかの手段を用いて余分にかかる費用を負担しなければならないという事です。しかし仮にそうなった場合でも動くのはアーティスト本人ではなく、彼女のビジネス・スタッフが動くというだけの話しです。ビヨンセの場合にも彼女のレーベルや(広告塔になっている)ペプシなどから多額の資金援助が受けられる事になっているはずです。」

どうやら足が出てしまった場合でもビヨンセが全額負担する訳ではなく、高視聴率を誇るハーフタイムショーに絡みたい色んなスポンサーから資金を出してもらえるみたいです。

ビヨンセ
さっそくペプシ・カラーでアピール


ちなみに昨年のマドンナ姐さんのショーの視聴率は驚愕の48.3%、実に1億1400万人もの人があの12分間のショーを見ていたらしいので、資金を提供する企業にしても自社をアピールする絶好の場なんですよねぇ(いわゆるWIN WINの関係ってやつです)。

「ビヨンセの様なスターは常にスタジオでの生産活動に追われています。そうする事で彼女のアルバムやヒット曲が世の中を賑わせているんです。しかしハーフタイムショーでのパフォーマンスは、ビヨンセにとって何百万枚もアルバムがバカ売れしたり、新曲がiTineのヒットチャートを駆け登って彼女に莫大な利益をもたらす以上に意味がある事なのです。」

ビヨンセ
日本でも発売求む!ビヨンセ印のペプシ


「マドンナやビヨンセといったアーティスト達は可能な限りの手段を用いて、ファーストクラスのパフォーマンスを創りあげたいと思っているんですよ。」

つまりアーティスト達にとってスーパーボウルの舞台でパフォーマンスする事は「ギャラや儲け」云々というよりも「名誉や誇り」を満たすための行為なんでしょうね。

ちょっとスケールが違いますが、一昔前に日本の歌手がこぞって紅白への出演を目指していたのと同じ様な心境なんじゃないかなと解釈しています。

(だって小林幸子とか美川憲一なんかは絶対にギャラよりも衣装代の方が高かったでしょうしw)

新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
関連記事


[ Sponsored Links ]

テーマ : 芸能ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : ビヨンセ ハーフタイムショー

08:00  |  ビヨンセ(Beyonce)&JAY-Z  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。