--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ


[ Sponsored Links ]
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/30 (Mon)

ジェニファー・ロペスの前夫が逆切れでJ.LOを起訴!要求額は1億ドル!!

世の中には、ずうずうしい人っていうのがいるものですねぇ。J.LOことジェニファー・ロペスの前夫であるオジャニ・ノア(Ojani Noa)も、そんな人物の1人らしいです!

J.LOとオジャニは1997年2月に結婚したがわずか11ヶ月でスピード離婚したのですが、別れて大正解の男のようです。

JLOも顔が違い過ぎるんですけど・・(笑)
顔もキモい上に性格まで悪い前夫オジャニ


オジャニはこの結婚生活の最中に撮り貯めた、ホームビデオを

『How I Married Jennifer Lopez: The JLo and Ojani Noa Story.(僕がジェニファー・ロペスと結婚した理由)』

というタイトルの映画として売り出そうと企んだものの、ジェニファー側から、逆に映画のさし止めと賠償金1000万ドルを求める訴訟を起されて敗訴していた。

そしてジェニファー・ロペス側が、この映画のさし止めを求めたのは、プレナップで結婚生活を口外しないと契約していた上に、ビデオの内容の中にJ.LOとオジャニのセックスシーンやJ.LOのヌード等も含まれているからだと報道されていました。


既にオッパイがスケスケですけど・・



まぁ、そんなこんなで、前妻を使って一儲けしてやろうというオジャニの陰謀は阻止されたのですが、コレに逆恨みをして、こんかいジェニファー・ロペスと彼女の父親、そして弁護士を相手取って1億ドル(100億円)規模の損害賠償を求める訴訟を起したようです。

・・まったくケチな男ですよ。

一応、オジャニの主張としては

J.LOの母親がオジャニへの許可無しで3万ドル(300万円)で、例のホームビデオの幾つかの場面をスパニッシュ・ランゲージ・ステーション・ユニヴィジョン(Spanish language station Univision)に売却したからだそうです。


ダイナマイト・バディなJLOの裸は確かに見てみたいが・・


だからって1億ドルよこせっていうのは・・

筋違いな上に、常識外れなような気がしますよね。せめて1000万円くらいならもらえるかもしれないですけど。

セレブの皆さんは、結婚する時には本当にろくでもない男に引っかからないように気をつけないと・・別れた後で普通の人よりもプラスαで嫌な思いをする事になっちゃいますからね。



新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
関連記事
スポンサーサイト


[ Sponsored Links ]

テーマ : 芸能ニュース - ジャンル : ニュース

08:00  |  ジェニファー・ロペス(JLO)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/29 (Sun)

アダム・ランバート、18禁のディープキスで非難の嵐!相手は同性!

この話題、アダム・ランバートの日本の知名度はイマイチだったので、スルーしようと思ったんですけど、米ゴシップ誌の報道が過熱する一方なので、お伝えします!

まずは、アダム・ランバート(Adam Lambert)って誰?って言う人もいると思うので一応説明・・。


こんなだけど歌はバカ上手です!


アダムはアメリカの人気オーディション番組『アメリカンアイドル』出身の人気シンガーで、同番組では、実力がピカイチだったのに結局、準優勝に終わったが、その理由はアダムが同性愛者だからではないかと言われていた。

その後、アダムは雑誌『ローリング・ストーン』誌において自分が同性愛者である事をカミングアウトしていた。

ま、そう言う訳で、彼はれっきとしたゲイ能人な訳です。そう思って、この先の記事を読んでくださいな。



アダム・ランバートは先週の日曜日に行われたAMA(アメリカン・ミュージック・アワード)で『For Your Entertainment』のパフォーマンス中に男性バックダンサーとおフェラっぽい動きをしたり、同じく男性のキーボード奏者とガッツリ熱~いキスをしてみせちゃったんですねぇ・・!

しかも、かなり濃厚~な感じだったため、アメリカ中から非難の嵐。

しかし、当のアダムはまったく反省していないそう。

「正直言って、(あのパフォーマンスで)誰かを怒らせたとしたら、それはまったく別の問題だよ。だってオレは全ての人に受け入れられるようなアーティストじゃないからね。」

「オレは芸術的な自由と表現を信じているんだ。そして、あの歌は皆のための歌詞という訳じゃないし、歌の歌詞を尊重しているんだ。」

アダム・ランバートAMAでの同性愛キス写真
これが問題の男x男のキスシーン


「大きなダブルスタンダードがそこにはあるんだ。女性アーティスも同じように挑発的な事をしたけど、事実、オレは男性だから(問題の部分の映像を)編集され、差別的な扱いを受けるんだ」

「みんなが怖がるのがオレは本当に悲しいよ。オレはただ皆に心をオープンにしてもらって楽しんで笑ってもらえれば良かったんだ。そんなに大騒ぎする事じゃないんだ。」

と語って後悔はしていない事をアピールしてみせた。

インタビューの中でアダムが触れている女性アーティストっていうのは、もちろんブリトニーとマドンナがMTVのステージでキスした事ですよね!


だってウチラのはキレイだしぃ~っ


マドンナとブリちゃんは確かに絶賛こそされ、こんなに非難を浴びる事態にはならなかったのに・・。さらに一部メディアはこの事件?を報道する時にアダムと男性のキスシーンにぼかしまでかけたりしているので、アダムの主張もちょっと分かる気がします。




新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
関連記事


[ Sponsored Links ]

テーマ : 芸能ニュース - ジャンル : ニュース

10:00  |  アダム・ランバート  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。