--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ


[ Sponsored Links ]
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.05/14 (Tue)

グウィネス・パルトロウがファッションの祭典”Met Gala”を再び痛烈批判!「最低、暑いし混んでるだけ」

最近何かと発言が話題になっているグウィネス・パルトロウ(Gwyneth Paltrow)がファッションの祭典”Met Gala”を2度に渡り痛烈批判したとUSウィークリーが報じています!

先週月曜日にNYで開かれた”Met Gala”にド派手なヴァレンチノのピンク色のドレスを着て意気揚々と参戦したグウィネス。

グウィネス・パルトロウ
趣味が良いのか悪いのか・・


”ファッショニスタ”と呼ばれるお洒落マスターしか招待されないと言われている”Met Gala”の会場でマスコミのフラッシュを浴びるのはセンスに自信があるセレブにとってはステータスの一環だと思うのですが・・

自称「ナチュラリスト」のグウィネスにとって、飾り立てた人々が集う”Met Gala”の舞台は大いに期待はずれだったよう。

グウィネスは『USA Today』のインタビューに対し

「もう2度と行かないわ。全然楽しくないし、むしろつまらないわ。本当に全く楽しめていないわ!」

と、有り得ないぶっちゃけ発言!!


KY過ぎるぜ


ファッション業界にとって神聖不可侵な”Met Gala”をバッサリと切って捨てたこの発言には「良くぞ言った!」と拍手を送っている人も多い様ですが、グウィネスの今後のキャリアを考えるとさすがに早い内に言い訳コメントを出すんじゃないかなと思っていたのですが・・

最近どんどんアナーキーになってきているグウィネスは言い訳コメントどころか、大騒ぎしている世間の様子を見て楽しんでいるかのように”Met Gala”へ第2弾の批判爆弾を連続投下!!

オーストラリアのラジオ番組『The Kyle And Jackie O Show』のホストであるカイルとジャッキー・Oに対し”Met Gala”の感想を以下の様に語ったそうです。

「あの時は酔っ払っていたのよ、空きっ腹にマティーニを飲んじゃったから。まぁ、今はワインを飲んじゃってる訳だけど。」

と前置きした後で「正直な気持ちを話して欲しいでしょ?」と意味深な発言。

グウィネス・パルトロウ
全身ショットはこんな感じ


「最低だったわ。一般的には(”Met Gala”は)世界でベストのイベントだと思われているでしょ?きっと誰もが”わぁ、きっと魅力的で素晴らしいんでしょうね!沢山の素敵な人々にも会えるし!”って思うわよね。でも実際には暑いし、めちゃ混みだし、もみくちゃにされるのよ。」

”Met Gala”では毎年ゲストに課題のテーマを出し、招待客は思考を凝らしてテーマに合ったお洒落なドレスで出席するというルールがあるのですが、今年のテーマが”パンク”であった事もグウィネスの不満の一因となったようです。

「私達はパンクを着こなすには少し年を取り過ぎていると思うの。だから普通のドレスで出席したわ。」

ちなみにグウィネスの元BFF(大親友)で御年54歳のマドンナ(Madonna)姐さんは、編み編みのレースのボディスーツにスタッズ満載のジャケット、首にはシド・ヴィシャスを彷彿させる南京錠のチョーカー、ホットピンクのハイヒールという完全なパンク・スタイルで”Met Gala”に参戦していましたよ。

マドンナ
さすが生粋のエンターテイナーです


またお洒落セレブとして知られるニコール・リッチー(Nicole Richie)はスプレーで固めた髪の毛を真っ白にペイントした異様な姿で登場し色んな意味で会場の注目を集めていました。

ニコール・リッチー
これはどうなの!?賛否両論ありそう


グウィネスの気持ちも分かりますが、庶民を目で楽しませるのもセレブのお仕事なんですから「バカバカしい」と冷めた態度を取らずにマドンナ姐さんを見習ってハロウィン気分で盛り上げて欲しいものです。

”Met Gala”に不満タラタラのグウィネスですが、『江南スタイル』で大ブレイクした韓国人ラッパーPsy(サイ)に会場で会った時だけはテンションが上がってしまったのだそう。

「息子がとにかくPsyに夢中なのよ。だからクリス(・マーティン)と一緒に彼に駆け寄ってこう言ったわ”こんにちは!コールドプレイ(Coldplay)の者です!”ってね。でもPsyはクリスが誰なのか分かっていないみたいだったわ。」

「だけどやがて分かってくれたみたいで、クリスと会った事を本当に喜んでくれたの。だからつい”面倒な事をお願いして悪いんだけど、息子のために写真を撮っても良いかしら?”って頼んでしまったわ。」

グウィネス・パルトロウ&Spy
で、これがその写真らしいw


「私もPsyのスタイルが好きよ。まるでMCハマーにスコットランドのエッセンスを加えたみたい。とにかく何が起きたのか分からなかったわ。」

何だかんだ言っても、グウィネスは結構”Met Gala”を楽しんでいたっぽいですね。

来年以降、彼女がまた”Met Gala”の会場に姿を見せるかどうか・・新米の予想では五分五分って所じゃないかと考えています。


明日の事は分からないわ


(来年はさすがに来ないかもしれませんが、今年が最後って事はない気がする)

新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
スポンサーサイト


[ Sponsored Links ]

テーマ : 芸能ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : グウィネス・パルトロウ マドンナ ニコール・リッチー

08:00  |  グウィネス・パルトロー  |  EDIT  |  Top↑
2013.04/26 (Fri)

グウィネス・パルトロウは”最も美しい女性”に相応しくない!?PEOPLE誌の選出方法にネット上で批判続出!

毎年大きな注目を集めているPEOPLE誌が選ぶ”最も美しい女性(Most Beautiful Woman)”のランキングが今週水曜日に発表され色んな意味で話題になっている様です!

と言うのも、PEOPLE誌が”2013年現在、世界一美しい女性”として選んだのが、あのグウィネス・パルトロウ(Gwyneth Paltrow)だったから!!

恐らくPEOPLE誌は外見の美しさだけではなく、内面の強さや美しさ、生き方なども評価対象に入れて選出したんだと思うんですが・・それにしてもねぇ?


料理本も出してます


グウィネスって”美しい”ですか?

完全な偏見なんですけど、グウィネスって若くしてサラッとオスカーを取っちゃったり、散々ハリウッドのイケメンを食い散らかした後で人気バンドのフロントマン(クリス・マーティン)と結婚して、これまた何の苦労もなく”一姫二太郎”を授かっちゃったり、ヘルシー思考のセレブリティを洗脳して自己流の健康法を広めたりと、常に美味しいトコ取りって感じで何か気に入らないんですよねぇ。

(いないとは思いますが、万が一グウィネスのファンの方がいらっしゃったらスミマセン)

グウィネス・パルトロウ
ドヤ顔で表紙を飾るグウィネス


見た目も美人と言うよりは、ブサ可愛いって感じだし、内面もカマトトぶった優等生(でも裏で色々やってそう)でつまらないし、何でグウィネスが1位に選ばれたのかマジで分からないです!

大多数のネットユーザーもグウィネスが1位というランキングに納得がいかない様で、PEOPLE誌が彼女を選んだ理由について色々と分析されているのですが・・

新米的に「なるほどなぁ」と思ったのは、PEOPLE誌はメインの購買層である30代~40代の既婚女性へのウケを狙って、ここ数年その年代の女性(子供がいればなお良し)を1位に選んでいるという意見。

言われてみれば確かにランキング上位に入っているのは、殆どが30代以上で子供がいる人なんですよねぇ・・。


ライフスタイル本も出てるよ


ちなみにPEOPLE誌が選ぶ”最も美しい女性”の2013年版トップ10のランキングは以下の通りです。

1位 グウィネス・パルトロウ(Gwyneth Paltrow)
2位 ケリー・ワシントン(Kerry Washington)
3位 アマンダ・セイフライド(Amanda Seyfried)
4位 ズーイー・デシャネル(Zooey Deschanel)
5位 ジェーン・フォンダ(Jane Fonda)
6位 ジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)
7位 ケリー・ローランド(Kelly Rowland)
8位 ハル・ベリー(Halle Berry)
9位 ドリュー・バリモア(Drew Barrymore)
10位 P!NK(ピンク)

どうですか、このランキングの結果に納得いきますか?

グウィネス・パルトロウ
ママとしても奮闘中


PEOPLE誌には”最も美しい女性”に選ばれたグウィネスのインタビュー記事が掲載されていたのですが、この内容がまたムカつくんですよ!

自分で「あたしって天然でぇ」とか言うビッチって実は計算高かったりするじゃないですか、グウィネスのインタビューからはそれと似たような匂いがプンプンするんですよね。

あまりにもイライラするので、皆さんにもシェアしたいと思います。

「家の中や近所を出歩く時はいつもジーンズにTシャツって感じの服装なのよ。完全にスッピンだしね。それが普段の私なの。」

「だからクリス(・マーティン)にはいつもからかわれるのよ。たまにメイクをバッチリしてドレスアップしたら、”わぁ、グウィネス・パルトロウがいるよ!”なんて言うのよ。彼の前ではいつもダブダブの服にボサボサの髪だから。」


素顔も美人アピール?


何なんですかね、この”飾らない私って親しみ易いでしょ”アピールは!?

グウィネスが提唱しているヘルシーライフを実践するには、1枚何万円もする様なバスタオル(オーガニック・コットン)を購入しなきゃならないのに、この人は何で庶民派をアピりたがるんでしょうかね?

(※グウィネス憎しの思いが強すぎるあまり偏見に満ちた記事になってしまったことをお詫びいたします)

新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ


[ Sponsored Links ]

テーマ : 芸能ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : グウィネス・パルトロウ PEOPLE誌 もっとも美しい女性

08:00  |  グウィネス・パルトロー  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。