--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ


[ Sponsored Links ]
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.09/22 (Wed)

パリス・ヒルトン、コカイン所持で執行猶予1年の有罪判決!‏

8月28日にラスベガスで1ミリグラム未満のコカインを所持していた罪で逮捕されたパリス・ヒルトン(Paris Hilton )に有罪判決が出たようです。


29歳がけっぷちパリス


月曜日にラスベガスの法廷に召集されたパリスは、その場で正式に違法薬物(コカイン)の所持と逮捕の際に警察官に抵抗した軽度の公務執行妨害の罪を認めたようです。

パリスが自ら罪を認めた事で実刑(刑務所行き)は免れ、1年の執行猶予がついた判決に罪が軽減された模様。

ラスベガス治安判事のジョー・ボナヴァトゥール(Joe Bonaventure)は厳しい口調でパリスに、もし執行猶予の1年の間にまた逮捕されるような事があれば刑務所で1年間過ごさなくてはならないと警告。

「クラーク郡拘置センター(The Clark County Detention Center)はウォルドーフ・アストリア(Waldorf Astoria)ではありません。 」


パリス・ヒルトン 出頭風景
愁傷な姿を見せるパリス


ボナヴァトゥール判事は拘置所と高級ホテルを比較してパリスにチクリと嫌味を言い、さらに薬物濫用プログラムの受講、2000ドルの罰金、そして200時間に渡る奉仕活動に従事するように言い渡したとの事です。

法廷でのパリスは取り乱したりする事もなく終始冷静で落ち着いてみえたらしいです。

ちなみにパリスたん2007年には執行猶予中に飲酒運転で捕まり刑務所で3週間過ごすという経験もしているので、法廷でのやり取りはもう慣れっこなのかもしれません。


前科2犯の女


だけど今回も絶対に反省していないパリス・・リンジーに引き続き執行猶予中になにかやらかしてくれるだろうと世間は期待しちゃってますよね。

もちろん新米もパリスの暴走に期待している一人です。

新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
スポンサーサイト


[ Sponsored Links ]

テーマ : 芸能ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : パリス・ヒルトン

08:00  |  パメラ・アンダーソン  |  EDIT  |  Top↑
2010.07/17 (Sat)

パメラ・アンダーソンのほぼ全裸のセクシーPETA広告がカナダで禁止に!‏

43歳という年齢にも関わらず、今だにセクシー過ぎるという理由で騒動を起こせるこの人は偉大でしょう!

木曜日にカナダのモントリオールに”最新のベジタリアン”キャンペーンのために飛行機で向かったパム姐さん、こと女優のパメラ・アンダーソン(Pamela Anderson )。


元々こういう人ですしねぇ↑


しかしカナダ政府は土壇場で、このキャンペーンのイベントに対する許可を却下してしまったんだそう!

その理由は、パム姐さんのPETAのポスター(キャンペーンで使用されていたようです)が、殆ど裸を露出したもので、性差別的であるためだと回答したようです。

物議を醸し出しているパム姐さんのセクシーポスターとは、極小ビキニを身に着けたパム姐さんの身体を、牛肉のように区分で分けて名前が付けてあり

『全ての動物は同じ部位を持っている(All the animals have the same parts)』

のキャッチコピーが掲載されているもの。

いつもの事ながら、PETAのポスターはなかなかウィットに富んでいて面白いなぁ・・と新米などは単純に感動してしまうのですが。

パメラ・アンダーソン PETAセクシーポスター
禁止されたポスター↑性差別か?


カナダ政府の非常な処置に対して、もちろんパム姐さんも黙っている訳もなく

「(カナダは)エキゾチックなダンスと進歩的でエッジがきいている事で知られている都市なのに、牛や鶏達が受ける苦しみに対する政治的な抗議のために自分の身体を使う事を女性が禁じられるなんて、なんて悲しい事なんでしょう!!」

「世界のある地域では女性はブブカで身体を覆う事を強制されているけど・・それは他人事じゃないわ。私は、カナダがそんなに厳格な清教徒だとは思っていなかったわ!」

とかなりの憤りを米タブロイド誌にぶちまけているようです。


こう見えてベジタリアン?


これに対して、カナダのモントリオール州の当局者は

「そんなに論争の的になるような事ではないです。男女間の平等という永遠の争いと戦っている公共機関の原則に反しているものなのですから。」

とバッサリ切ってすてた様子です。

そこにPETAのシニア副会長、ダン・マシュー(Dan Mathews)も出てきて

「私は、市の職員が”セクシー”と”性差別”を混同して考えていると思う。」

と発言、なかなかのバトルになっているようですよ。

結局、カナダ政府の許可がおりなかったので、公的機関でのイベントは中止され、レストランでパーティーが行われたらしいです。

ちなみにパム姐さんの”セクシー”さが原因の騒動は過去にもあり、2009年にはCNNエアポート・ネットワークが、動物の権利向上のためのパム姐さんのビデオをエロ過ぎるという理由で流す事を拒否した事もありました。

しかし・・あんな爆乳でベジタリアンって・・。


借金は終わったんでしょうか?


毛皮着るのは駄目でも、豊胸とか整形するのはOKなんでしょうかね。

ま、確かに動物は殺してないかもしれないですけど・・・絶対に動物実験は行われてたと思うんですが。


新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ


[ Sponsored Links ]

テーマ : 芸能ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : パメラ・アンダーソン PETA

12:30  |  パメラ・アンダーソン  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。