--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ


[ Sponsored Links ]
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.06/17 (Mon)

新『ビバヒル』リアム役のマット・ランターとアンジェラ・ステーシーの結婚式詳細!

新『ビバヒル』シリーズのリアム・コート役で人気を博したマット・ランター(Matt Lanter)が昨年5月に婚約した恋人アンジェラ・ステーシー(Angela Stacy)と結婚したとUSウィークリーが報じています!

USウィークリーのレポートによると、マットとアンジェラは先週金曜日にマリブにあるthe Calamigos Ranchで親しい友人や家族だけを招いたアットホームな挙式をしたそうです。

関係者の話しによると、2人は白い紫陽花(あじさい)のアーチとクリスタルで飾られた自然溢れるコテージ・パビリオンで永遠の愛を誓い合ったのだとか。

the Calamigos Ranch
こんな感じだったぽい(Calamigos RanchのHPより)


マットは以前のインタビューでも「僕は自然派の人間なんだよ、もちろん彼女もそうさ。」と話しており、アウトドアな式にしたいと語っていたようですが、実際に結婚式でこれを実現させたようです。

花婿の付き添い人の中には、2009年に数ヶ月間マイリー・サイラス(Miley Cyrus)と付き合っていた事もある下着モデル兼シンガーのジャスティン・ガストン(Justin Gaston )の姿も!


共演者は来てないの?


マットとジャスティンはかなり仲が良いらしく、20分間の結婚式のセレモニーにはジャスティンがギターを弾き歌を披露するパフォーマンスも含まれていたんだとか。

「マットとアンジェラの結婚式はパーソナルなものでした。マットはアンジェラの存在が彼の人生にどんなに素晴らしい影響を与えたかについて語りました。」

感動的な式の後でゲスト達がレセプションに向かうと、そこにはレッドカーペットが敷き詰められておりラグジュアリーな雰囲気に包まれていたのだそう。

the Calamigos Ranch
同じく(Calamigos RanchのHPより)


「テントの中に入ると、テーブルの上には白い紫陽花の花とハリケーン・キャンドルが飾られていました。また別のセクションは白い革張りのソファーとオットマンが置かれたラウンジになっていたんです。」

先月中旬のインタビューで結婚式のプランについて聞かれたマットは

「ちょうどクレイジーな結婚式のプランニングの真っ最中さ。まだまだ詳細を詰めなくてはいけない事だらけだけど、今が踏ん張りどきだって思っているよ。」

と答えていましたが、どうにか無事に式を乗り切ったみたいで良かったです。

マット・ランター
新婚さん、いらっしゃ~い!


晴れて夫婦となった2人は式から2日後の日曜日に新婚旅行(行き先は残念ながら不明)に旅立ったそうですよ。

新婚さんなので2人っきりでゆっくりと過ごしたい所でしょうが、人気俳優のマットにそんな我がままは許されないようで、旅行から戻ったら直ぐに新作ドラマ『Star-Crossed 』の撮影の為にニューオリンズに向かわなければならないのだそう。

何とも多忙な日々ですが、マット自身はそんな状況を楽しんでいるようで

「僕らは今、まさに人生の転換点にいるんだよ。これまでの全ての経験を拾い集めて、未来に繋げようとしているし、結婚もするしね!」

「自分の人生の新しい章に突入するなんて、最高に楽しいしクールだよ!」

と語っていました。


新たな活躍に期待!


アットホームな式という事で、結婚式の様子やウェディングドレスの写真が入手出来ないのは残念ですが・・レポートを読んだ感じでは凄くハッピーな式だったみたいなので、マットとアンジェラには末永く幸せでいて欲しいなと思いました。

おめでとう、マット&アンジェラ!!

新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
スポンサーサイト


[ Sponsored Links ]

テーマ : 芸能ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : マット・ランター アンジェラ・ステーシー 結婚 新『ビバヒル』

08:00  |  新『ビバヒル』スター  |  EDIT  |  Top↑
2013.06/13 (Thu)

スカーレット・ヨハンソン「名前を勝手に使われた」と仏出版社を怒りの起訴!

スカーレット・ヨハンソン(Scarlette Johansson)が自身の名前を無断使用したとしてフランスの出版社JC Lattesに対する訴訟を起こしたとThe Hollywood Reporterが報じています!

スカジョが訴えたのは、今年3月20日にフランスで発売されるやいなや瞬く間にベストセラーとなった恋愛小説『The First Thing We Look At(原題:La premiere chose qu'on regarde)』とのこと。

The Hollywood Reporterのレポートによると、主人公のメカニックの男性が一目惚れするジャニーヌ・フーカンプレ(Jeanine Foucaprez)という女性がスカジョにそっくりという設定(メカニックの男性はこの女性をスカジョだと思って恋に落ちた)らしく、スカジョは「個人の権利を侵害し(名前を)不正使用された」として提訴に踏み切ったようです。

スカーレット・ヨハンソン
久々の登場なのに、こんなネタですかw


『The First Thing We Look At』の著者であるグレゴワール・ドゥラクール(Gregoire Delacourt)氏は、突然ハリウッドの人気女優から訴えられた心情について

「(提訴され)驚愕しました!これは現在のファンタジー小説ですよ。誰の中にもセレブリティのイメージはあるでしょう。しかし私はこの本をフィクションとして書いたんです。」

「私の小説の登場人物はスカーレット・ヨハンソンではありません。(登場人物の名前は)ジャニーヌ・フーカンプレです。」

と、狼狽しつつLe Figaro紙に語りました。


勝手に使わないでよ!


ドゥラクール氏はフランスのラジオ番組RTLに出演した際にも

「誰かについて話しただけで法廷を巻き込んでの争いになってしまうなんて少し馬鹿馬鹿しいと思うよ、それに悲しいね。」

と語り、スカジョの過剰反応を嘆いたようです。

グレゴワール・ドゥラクール
作者のドゥラクール氏(たぶん)


新米はこの小説を読んでいないので、どっちの肩を持つつもりもないのですが「マリリン・モンローの様にセクシーな女性だった」とか、「オードリー・ヘップバーンの様に可憐でイノセントな雰囲気の女性」とかいう比喩は良く使われると思うので、スカジョが何でそんなに怒っているのかが良く分からないですね。

「スカーレット・ヨハンソンの様に男好きでふしだらな女」とか書かれたなら怒るのも分かりますが・・主人公の男性に惚れられるくらいの女性なんだから、きっとドゥラクール氏も褒め言葉として名前を使っただけなんだろうし。


そんな怒らなくても・・


しかし、この小説は英語訳もされてないらしいのに、スカジョはどうやって自分の名前が使われている事を知ったんでしょうかねぇ?

誰かが彼女に入れ知恵をした事は間違いなさそうです。

新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ


[ Sponsored Links ]

テーマ : 芸能ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : スカーレット・ヨハンソン グレゴワール・ドゥラクール

08:00  |  スカーレット・ヨハンソン  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。