--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ


[ Sponsored Links ]
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.06/30 (Sun)

ナタリー・ポートマンの性格悪が原因!?新作映画『Jane Got a Gun』の現場が崩壊寸前に!

オスカー女優のナタリー・ポートマン(Natalie Portman)が主演を務める新作映画『ジェーン・ゴット・ア・ガン(Jane Got a Gun)』の撮影現場が崩壊寸前の酷い状況になっているようだとSTAR誌が報じています!

元々細いのに9キロもの減量をして挑んだ『ブラック・スワン』で鬼気迫る演技をみせ見事アカデミー賞主演女優賞を獲得したナタリー。

「自分に厳しそうな人だなぁ」という印象はあったものの、これまでナタリーの悪いウワサ(我がままとかパーティー好きとか)はあまり聞いた事はなかったのですが、STAR誌の最新のレポートによると、他のハリウッドセレブのご多分に漏れずナタリーもなかなか”イイい性格”をしていらっしゃるようですよ。


これはマジ名作


現在ニューメキシコ州サンタフェで撮影が進められている『ジェーン・ゴット・ア・ガン』はナタリー扮するジェーンがギャングに追われる夫を守る為に昔の恋人に助けを求めるという筋書きの西部劇らしいのですが、この映画クランク・イン前から問題続きなのだそう。

まずはかなり重要な役を得ていたと言われるマイケル・ファスベンダー(Michael Fassbender)が撮影開始直前になり突如降板を表明、続いてはメガホンを取るはずだったリン・ラムジー(Lynne Ramsey)監督が撮影初日に現場に現れずバックレるというあり得ない事態に!

リン・ラムジー監督
バックレを敢行したラムジー監督ww


さらにはラムジー監督と組めるという事でオファーを受けていたジュード・ロウ(Jude Law)も役を降り、マイケルがやるはずだった重役をブラッドリー・クーパー(Bradley Cooper)とジェイク・ギレンホール(Jake Gyllenhaal)にオファーしたものの、あっさりと断られてしまったのだとか。

まさに崩壊寸前となっている『ジェーン・ゴット・ア・ガン』ですが、ここまで状況が悪化したのには主演女優としてだけではなく、プロデューサーとしても同作に深く関わっているナタリーの責任が大きいのだそう。


ストレスは髪に悪いんだ


「ナタリーと彼女の共同プロデューサーは文字通り”ハーバード大流”な方法でこの映画を仕切っていますよ。『ジェーン・ゴット・ア・ガン』は終わっています。彼女達は全ての決定に対して、後から色々と文句を付けてくるんですよ。」

「このプロジェクトを信頼している者など、もう誰もいませんよ。すぐにブチ切れるナタリーの逆鱗に触れない様に、誰もが惨めな気分でコソコソと働いているんです。」

STAR誌のレポートによると、この映画にキャスティングされたハリウッドの一流俳優達が早々に逃げ出したのもナタリーの癇癪に耐え切れなかったからなのだそう。

ナタリー・ポートマン
「自分にも他人にも厳しい」タイプだったみたいです


「沢山の俳優達がこの作品から降板しました。何しろナタリーは誰彼構わず当たり散らすんですからね。」

「マイケル・ファスベンダーに始まって、ジュード・ロウ、ブラッドリー・クーパーが続きましたよ。しかも悪い事にナタリーの怒りは(プロデューサーとしてのものではなく)個人的なものなんです。」

「彼女は細かい事にいちいち口を挟むし、誰かを吊し上げたり、恥をかかせたりする事を躊躇しないタイプなんです。自分のせいで誰かが泣いても絶対に謝りません。」


そんな風に見えないのにね


「それに全ての人々の仕事についても口を出さずにいられないんです。照明さんや音声さん、監督にさえもね。そんなのクレイジーですよ!」

例のごとくSTAR誌の記事なので、これらの話しがどこまで信ぴょう性があるものなのかは分かりませんが、このレポートに書かれている事の半分でも本当なら、ナタリーはかなりウザい上司になりそうなタイプですね。

ちなみに『ジェーン・ゴット・ア・ガン』は来年公開予定なんだそうですが、このままいくと公開延期、最悪の場合中止って事にもなりかねないので、ナタリーはもうちょっと広い心で撮影に望む必要がありそうです。

新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
スポンサーサイト


[ Sponsored Links ]

テーマ : 芸能ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : ナタリー・ポートマン リン・ラムジー ジュード・ロウ ブラッドリー・クーパー マイケル・ファスベンダー

08:00  |  ナタリー・ポートマン  |  EDIT  |  Top↑
2013.05/17 (Fri)

ニッキー・ミナージュが『アメリカン・アイドル』審査員を降板!マライア・キャリーとの確執が原因か!?

ニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)が今シーズンをもって『アメリカン・アイドル』の審査員を降板する事になったとUSウィークリーが報じています!

昨年、マライア・キャリー(Mariah Carey)やキース・アーバン(Keith Urban)と一緒に鳴り物入りで同番組のパネリストと呼ばれる審査員の座に着いたニッキー。

華やかなスター街道を歩んできたマライアと”悪い奴は大体トモダチ”のニッキーたんは心底相性が悪いらしく、事あるごとにぶつかってはセレブウォッチャーを喜ばせてきましたが・・

今回ニッキーたんが審査員をクビになったのは、やっぱりマライアが裏で手を回したからなんでしょうか?

ニッキー・ミナージュvsマライア・キャリー
水と油な2人


実はつい先日も2002年に番組がスタートした時から審査員を務めてきたベテラン・パネラーのランディ・ジャクソン(Randy Jackson)が番組からの卒業を宣言したばかり。

「12年間『アメリカン・アイドル』の審査員を務めてきたけど、今シーズンをもってその座から降りる事にしたよ!」

「この番組がテレビや音楽業界に変革をもたらした事を本当に誇りに思っているよ。審査員になった事で人生が変わる機会を得る事が出来たよ。」

「でもこれからは自分の会社”Dream Merchant 21”や他のベンチャー・ビジネスに集中したいと思っているんだ。」


人間関係に疲れた?


また巷では「番組のプロデューサーはギャラの割に評判がイマイチの残りの3人もクビにしたがっているらしい」というもっともらしいウワサが飛び交っていたんですが・・

ウワサの真相はともかく、ニッキーたんが『アメリカン・アイドル』に見切りを着けた事は確かなようです。

関係者の話によると、ニッキーは新作アルバムの作製とツアーに集中するために審査員を降板したみたいです。

「ニッキーが番組に戻ってくる事はないと言って差し支えないでしょう。彼女はそれで問題無いと思っていますよ。」


お金には困ってないし


「彼女は『アメリカン・アイドル』で素晴らしい時を過ごしましたが、元々1シーズンしか審査員を引き受けるつもりはなかったんです。」

ちなみにニッキーたんの天敵であるマライアも来シーズン以降も審査員を続行するかどうかについてまだ明らかにしていません。

(プロデューサーが視聴者に人気が高かったジェニファー・ロペスとトークがいまいちなマライアを入れ替えようとしているなんていうウワサもありましたが・・まぁ、さすがにそれはないでしょうねぇ)


『#Beautiful』


双子ちゃんの出産なんかでミュージシャンとしてのキャリアにブランクができていたマライアですが、現在ミゲル(Miguel)とタッグを組んだ新曲『#Beautiful』が世界各国で大ヒット(25カ国で1位を獲得!)しており、近々ワールドツアーも予定されているらしいので、キャリアに集中するために審査員を降板するというのは十分に有り得る話ですね。

しかしランディもニッキーたんもマライアも一気にいなくなったら・・番組は一体次は誰に白羽の矢を立てるんでしょうか?

新米パパラッチのやる気UPにご協力を♪ポチッ⇒にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ


[ Sponsored Links ]

テーマ : 芸能ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : ニッキー・ミナージュ マライア・キャリー キース・アーバン ランディ・ジャクソン

08:00  |  ニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。